社会人ならライトノベルはバレずに読んで楽しもう

社会経験
この記事は約5分で読めます。

社会人の皆様!ラノベ読んでますか?

社会人になってビジネス書や自己啓発本を読み始めた方は多いのではないでしょうか?

中にはラノベを読み始めた人もいますよね。

でも、ラノベ読み始めました!って声を大きくして言いにくくないですか?

全然バレても平気、なんでバレたくないの?といった方には本記事は不要かもしれません。正直羨ましいです!

本記事は、

ライトノベルって何?面白いの?

ラノベを読んでいるけどバレるのは恥ずかしい

ラノベって面白いけど、読んでいるって人に言いにくいんだよなぁ

ラノベに興味あるんだけどオタクっぽくて手が出しにくい

こんなお悩みを抱える同志の皆様、ライトノベルを読んでみたいと思っているあなたへアニメもラノベも大好きな僕がお伝えします。

ライトノベルが読みたいなら迷っていないで読もう!

ラノベ、ライトノベルとは?

ラノベとは正式にはライトノベルと言います。

light (軽い)とnovel(小説)を合わせた和製英語です。

ラノベ好きの仲間うちでもたまにどれがライトノベル話題になるのですが、これがライトノベルだ!といった明確な定義はありません

見分け方の鉄板としてはライトノベルの表紙は可愛い(かっこいい)アニメ調のキャラクターが書いてあります。

そして、小説の中にも挿絵が入っています。

一般小説に比べて内容がわかりやすく、アニメ化されやすいです。

アニメ化、漫画化されている作品も多く、このアニメ面白いなと思って調べたら原作はライトノベルだったということはよくあります。

出版社で見分けるといったことも言われますが、最近はその辺も曖昧になっている気がします。

そもそも小説かライトノベルかなんて区別する必要はないというのが僕の意見です。

本はジャンルに関わらず面白いものは面白いんですから。

ライトノベルは面白い!

僕もいろいろ本は読む方ですが、一番好きなジャンルはライトノベルです!

小説よりも内容がシンプルでサクサク読め、ストーリーは漫画に近いと思っています。

ライトノベルが原作のアニメを見た事がある人は多いのではないでしょうか。

ラノベ原作のアニメを見て面白いと思ったのであれば、ぜひ原作を読むことをお勧めします

僕もラノベを読み出すきっかけとなったのはアニメです。

アニメでどハマりして続きが気になって仕方なくて原作のラノベを購入しました。

そして驚きました。

ラノベ(原作)の方が面白いやないかい!(アニメの方が面白いものもありますが。。。)

アニメで面白いと思っていたのですがライトノベルはその何倍も、密度が高いんです。

アニメは1話25分程度で1クールに収めなければならないという絶対的な時間の制約があるのでどうしても原作通りに表現できない事があります。

1クール12話だとすると6時間程度でキリのいいところまで進めないといけません。

アニメ製作者の皆様は時間という制約の中でいかに原作に忠実に作りこむか苦心されていますが、その中で全て収めるには無理があるのです。

おーまいがっです。

(ああ、時間に縛られないアニメを見てみたい。。。)

文章ではかなり詳細に表現している部分であってもシーンにしては一瞬で終わってしまうということもあります。

中にはエッセンスを存分に詰め込んだ神アニメも存在しますが、そんなアニメはごく稀ですよね。

原作ですら1冊のなかに収めるために内容を削ったり、表現を変えたりしているのです。

ある意味、原作は過不足ない完成形とも言えます。

ライトノベルは心情や情景がわかりやすく書いてあり、感情移入しやすいという特徴があります。

漫画で手に汗握ったり、映画で泣いたりすることはありませんか?

もちろんそれらはライトノベルでも体験できます。

ライトノベルも、一般小説も漫画も映画やドラマもどれも立派な作品です。

特にラノベは爽快・痛快なストーリが多いのストレスなくその世界に没頭できます。

これはライトノベルというよりも本の特徴なのですが、本は読むのに時間がかかる分、内容を自分の頭の中で整理する時間ができ理解が深まります。

理解が深まる分、より感情移入しやすく楽しめるのです!

ラノベの登場人物はキャラが立っています。

好みのキャラやこんな風に生きてみたいと憧れるキャラクター這いませんか?

社会人ならラノベだからと割り切らずにぜひその生き方を参考にするといいのではないでしょうか。

きっと人生が楽しくなること間違いなし!

僕も、仕事でつまずいたり、失敗したりして挫けそうになった時、あの主人公ならどうするだろうと考えます。

すると、少しやる気が出たり気持ちが軽くなったりするんです。

痛いかもしれませんが、僕の人生は少なからずラノベに支えられています!

電子書籍でライトノベルをバレずに読める!

僕はファンタジー系のラノベが大好きです。

挿絵や表紙もじっくり見て楽しみます。

でもその表紙や挿絵が原因で外では読みにくいですし、家の本棚においておくと家族や友人に見られてしまいますよね。

気付いたら本棚がラノベだらけになんてこともあります。

残念ながら世間にはまだアニメやライトノベルのような文化を否定する人たちがいます。

全然バレても平気という人は正直、羨ましいです。

僕も堂々としたいのですが、なんとなく知られたくないと思ってしまいます。

だから僕は新しく買うシリーズのラノベは電子書籍で買うようにしています。

電子書籍だとわざわざ専用端末を買わなくてもスマホやタブレットにアプリをインストールしてラノベを購入できます。

Bookliveなんかは新刊でもクーポンを使うことで割引価格で購入できることもあります。

それに保存場所もクラウド上やアプリ内なので簡単に人に見られることもありません。

本棚にも余裕ができます。

唯一の欠点は売る事ができない事ですね。

それでもバレずに堂々と読めるようになったので精神的にも楽になりました!

それに僕はラノベを繰り返し読む派なので売ることはないので売れない点は気になりません。

まとめ

ライトノベルは面白い!

バレるのが恥ずかしいのなら電子書籍で読もう!

お気に入りのラノベをどんどん見つけて、読みたいだけ読もう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました