飲み会が嫌いな社会人へ自分にとってその飲み会が必要なのか考えよう

飲み会社会経験
この記事は約7分で読めます。

社会人の皆さん、新社会人の皆さん、こんにちは!

サラリーマンになると飲み会に行く機会が増えますよね。

営業職の同期は毎日飲み会に行くような人もいます。

いやー、僕には無理だなー、技術系でよかった!

飲み会が嫌いって言う人も中にはいますよね。はい、僕です。

それでも行った方が良い飲み会もあるのも確かです。

行きたいか行きたくないかだけでなく、自分にとってその飲み会が必要か考えましょう。

必要なければズバッと行かないという決断をしましょう!

飲み会に参加するメリット

まずは飲み会に行くメリットを考えましょう。

飲み会には行く意味は確実にあります。

人間関係の構築ができる

新入社員や転職者が配属された時に歓迎会という名の飲み会が開かれる会社や部署はまだまだ多いのではないでしょうか。

僕の所属しているかでは新入社員の飲み会は毎年あります。

お酒を交えて話すことで打ち解けて一気に仲良くなるのが目的です。一緒に仕事する人とは円滑な人間関係を築きたいですよね。

ただ飲みたいだけの人もいますが(笑

当たり前ですが、飲み会と仕事は違います。

仕事の中では厳格な人でもお酒が入ると人が変わったように陽気になる人もいます。

普段話しにくい人でもお酒を飲めば話やすくなることもあるので、ぜひ普段話さない人ともおしゃべりして仲良くなりましょう!

最初は緊張するかもしれませんが、話してみると意外と気が合うこともあります。

お酒を人間関係構築の潤滑剤として使いましょう!

職場ではできない話ができる

お酒の席では職場でできないようなプライベートな話ができたり、普段は聞けないような話が聞けます。

家庭のことや人事的な話であったり人間関係の話であったり様々です。

会社は人の集まりなので人間関係についての情報は重宝します。

例えば一緒に仕事する人の情報が手に入れば、早い段階で対策が打てます。

僕も次の開発プロジェクトのリーダーどんな人か、チームにどんな人がいるのか事前に聞きます。

陽気な人が多いのであれば楽しみになりますし、人間関係が悪いのであればコミニュケーションに気を遣う必要があります。

人間関係を築く上で相手を知るということはとても大切です。

また、しらふでは言えない悩みもお酒の勢いを借りて相談できます。年長者からのアドバイスは仕事でもプライベートでも貴重なものです。

僕は会社の人にプライベートに立ち入ってほしくないのであまり相談したことはありませんが、、、

楽しい

上司とかと行くと構えてしまいますが、飲み会は基本的に楽しいものです。

大学生の時の飲み会は楽しくありませんでしたか?

会社に慣れて職場でも仲良くなると社会人の飲み会もだんだん楽しくなっていきます。

僕の部署は二次会にカラオケやスナックに行くようなこともありますが皆さんはどうでしょうか?

楽しみ方によっては飲み会に行くことで気分転換になったりストレス発散できたりするはずです。

僕は普段は行かないようなお店にも連れて行ってもらえるとテンションが上がります。

飲み会は嫌なものという先入観を捨ててみましょう。

飲み会に参加するデメリット

当然ながら飲み会はメリットばかりではありません。メリットばかりだった飲み会でも次第にメリットが少なくなっていくこともよくあります。

では飲み会に参加するデメリットをみていきましょう!

時間が拘束される

飲み会は基本的に数時間単位で時間がかかります。

飲み放題の場合は大体2時間はかかりますし、もし二次会、三次会と参加するようであればさらに拘束時間が増えます。

最後まで残り終電で帰ったり、タクシーで帰ったりしている人もいます。

年配の方で飲み会が好きな人はなかなか帰りたがりませんからそれに付き合っているとどんどん長びいていきます。

うちも課長がなぁ。。ぼそっ

金曜日とか休日の前日だとまだましですが、平日は本当にしんどいです。

終電で帰ってお風呂入って寝る前にはもう2時過ぎとかになったりします。次の日死んだような顔で出社します。

本当に恐ろしいのは飲み会が終わってもアルコールの影響は残ることです。

お酒に強い人でも、二日酔いで休みの日を棒に振ったという経験はありませんか?

僕なんかはお酒が弱いのでずっとアルコールが体に残っているような気がします。当然気分は優れません。

飲み過ぎはよくありません。

お金がかかる

社会人になってからの飲み会は本当にお金がかかります。

入社2、3年はまだましです。先輩や上司が奢ってくれる可能性がまだあります。

でもそれ以降はほとんど実費です。

普通の飲み放題でも4,000円以上かかります。その上、二次会、三次会となると1万円ぐらい一晩でなくなります。

何のために働いているのか分からなくなります。

お金を払うだけの価値があるのか考えましょう。

楽しくない

飲み会はを全力で楽しめるのは一部の人間だけです。

大体の人はまあまあ楽しいぐらいの感覚です。

僕は正直言うと、あまり楽しめない人間です。

全然楽しくないわけではありませんが、お酒もあまり飲めないのでふとした時に帰りたくなります。

飲み会に使っている時間がもったいないなとも思います。

そんな自分がおかしいのかもしれない、飲み会には参加しなければ行けないと思って一時期本当に飲み会が嫌いになりました。

飲み会の当日に体調不良でずる休みして後日キャンセル料を払ったりしたこともあります。

でも今は自分の楽しいことと人が楽しいと思うことは違うのだと割り切れるようになりだいぶ楽になりました。

飲み会で得られるものがあるか

メリット、デメリットはそれぞれあります。

メリットだらけなら行けばいいです。デメリットだらけなら行くのをやめましょう。

僕は行く飲み会は決めています。歓迎会と送別会です。それ以外は基本的に行きません。

歓迎会は人間関係の構築のために行きます。

送別会はお世話になった人に感謝を込めて出席します。対して気の利いた会話ができるわけではありません。それでもお世話になった人の送別会には出席します。

歓迎会をされる人も送別会をされる人もどうせしてもらうなら多くの人がいた方が嬉しいですしね。

私の部署の飲み会の頻度はかなり少ないですが、入社して数年は飲み会には大体参加していました。

最初は得るものもたくさんありましたが、次第に少なくなっていきました。

飲み会のたび同じ話や愚痴が多いことに気づきました。

僕の場合、この4つの理由で飲み会の頻度を減らしました。

  • お酒を飲むと次の日まで気怠さが抜けない
  • お酒自体あまり好きではない
  • 飲み会に参加しても得るものが少なくなった
  • プライベートでしたいこと(ブログとか読書)がある

情報として得るものがなくてもその場が楽しかったり、ストレス解消になったりした場合、話は別だったんですが。。。

一度人間関係が築けていれば飲み会の頻度が減っても人間関係が崩れたりはしません。

むしろたまに参加すると喜んでもらえます。

もしかしたら陰口とかぐらいは言われてるかもしれませんが、気づかないレベルなので大丈夫でしょう。

ただ、自分の歓迎会を開いてもらう場合は特に事情がない限りお付き合いしましょう。

最近の新入社員の方に多いのですが、歓迎会で一次会の後にしれっといなくなる方がいます。

全く問題ないのですが、それをよく思はない人は一定数います。

二次会で陰口を言ったり、もう2度と誘わないと言う人もいるというのが現実です。

別に頼んでもいないし大きなお世話と思うかもしれませんが、最初に印象を悪くするのは避けるべきです。

アルハラやパワハラがあるなら逃げるべきですが、あなたのことを知りたい思ったりあなたと仲良くなりたいと思ったりして歩み寄ってきてくれた人もいるはずです。

そういう思いは大切に受け止めてあげてください。

仕事で結果を出して挽回すればいいと言うかもしれませんが、その手の信頼というものは中々、仕事だけでは得られないものなんです。

まとめ

自分にとっての飲み会のメリット・デメリットを考えましょう。

自分にとってその飲み会で得られるものが必要か考えましょう。

必要があれば行くという選択をしましょう!

必要なければ行かないという選択をしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました