プログラミング初心者がUdemyで学習してみた感想

テキストの画像プログラミング
この記事は約3分で読めます。

プログラミングを独学で勉強しようとする人であれば色々な勉強法を模索しますよね。

独学で勉強するのであれば本や動画、学習サイトで学習をすることが多いのではないでしょうか。

僕も本や動画、学習サイトを使って独学で勉強しています。

Udemyって何?

Udemyってわかりやすいの?

最近Udemyを知りましたので早速使ってみたので、使用した感想をまとめました。

Udemyで勉強してみた感想です。

  • 動画学習が好きな人
  • 月額のサブスクリプション型ではなく買い切り型教材が好きな人
  • 英語でも苦にならない人(日本語版もあります)
  • 中身を確認してから購入を決めたい人(1ヶ月返品保証あり)

Udemyはこんな人におすすめです。

Udemyとは

Udemyとは世界最大級の教育プラットフォームです。

簡単に言いすぎると学習用動画の購入サイトです。

日本の大企業も社員の育成に利用しているので、実績と信頼性があります。

僕はJavaScriptの学習用に利用しています。

プログラミングだけではなくビジネス、語学、写真やデザイン、自己啓発などジャンルは幅広くあります。

10万コース以上あるので何か興味のあるジャンルがあれば一度検索してみるといいのではないでしょうか。

お金を払う以上、実際に中身を確認できない分不安もあるかと思いますが、どのコースでも30日間返品対応可能と言う太っ腹な対応です。

Udemyのメリット・デメリット

Udemyのメリットとデメリットです。

Udemyのメリット

まずはUdemyのメリットからみていきましょう。

  • 30日間の返金対応
  • スマホなどでどこでも見ることができる
  • 講師への質問可能
  • 買い切り型で追加費用は発生しない
  • 質が高い

すでにプログラミング学習で使ったことある人はわかるかと思いますが、学習形式はドットインストールに似ています。

講座にもよりますが講師に質問することもできます。他の人がした質問も見ることができるのがいい点です。

再生速度の変更やメモ機能もついて使いやすいです。

買い切り型なので一度買ってしまえば月定額型ように毎月費用が発生することはありません。

セールだと1,500円前後で買うことができます。

中には数十時間の動画で圧倒的ボリュームと質の高さを誇る講座もあります。

Udemyのデメリット

僕が思うに致命的なデメリットはありません。

デメリットとして考えると次のようなものが挙げられます。

  • セール時期でないとかなり高額
  • 最安値で購入するなら好きな時に購入できない
  • 英語が多い
  • 多すぎて選ぶのが難しい

セールは最安値と言うことでなけれは頻繁にしています。

多すぎてどれがいいかわからない場合は試してみましょう。合わなければ返品しましょう。

動画を全て視聴した後の返品や、度を越した頻繁な返品をしていると返品対応してもらえなくなる可能性があります。

iOSでの購入は返金できない、またはかなり手続きが面倒になる可能性があるため、特に理由がない限りWebで購入するのがおすすめです。

ベストセラーなんかは質の高いものが多いようです。

また質を求めていくと海外の講師の動画になり、英語版であることが多いです。

日本語版でもいいものもあるので探してみてください。

Udemyをおすすめする人

Udemyはこんな人におすすめです。

  • 動画学習が向いている人
  • 月額のサブスクリプション型ではなく買い切り型教材が好きな人
  • 英語でも苦にならない人
  • 中身を確認してから購入を決めたい人

質の高い教材が多く、対応非常に丁寧なので教材としてはおすすめです。

まとめ

独学や自己啓発として教材の購入を考えているのであればUdemyはおすすめです!

  • 動画学習が向いている人
  • 月額のサブスクリプション型ではなく買い切り型教材が好きな人
  • 英語でも苦にならない人
  • 中身を確認してから購入を決めたい人

こんな人は検討してみてはどうでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました