機械設計者の初めての転職①エージェント登録と書類の準備

設計画像転職経験
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!そら豆です!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

機械エンジニアの僕ですがこの度、転職活動を始めることを決意しました。

  • コロナが収束していないけど求人はあるの?
  • 職務経歴書に書ける内容はかじった程度の内容でもいいの?
  • 転職エージェントはどこを選べばいいの?

こんな疑問が解決できます。

結論から言うと、

  • ・求人はありますが現在はコロナ前の7割程度になっています。
  • ・職務経歴書には少し経験した事があるというレベルの内容でも記載できます。
  • ・転職エージェントは複数利用して相性の良いエージェントを探しましょう

初めての転職活動でした経験を記事にしましたのでご参考にどうぞ。

コロナによる転職市場の変化

まず気になるのはピークは抜けつつあるとは言ってもまだまだ収束する気配のないコロナが転職市場にどんな影響を与えているかです。

僕が転職エージェントさんに聞いた情報によると現在の求人数はコロナ前のおよそ7割程度だそうです。

あれ?意外に多いなというのが僕の感想です。

ただ、未経験歓迎の求人はかなり少なくなっているとのことです。

今後、コロナの影響次第で経済が回復し求人数が回復するか、まだまだ長引いてさらに求人が減っていくかわかりません。

大企業でも今年の4月から全ての求人を取り止めている会社さんもあるそうです。

業界によっても活発さが違うので自分の転職したい業界をしっかりと調べましょう。

転職エージェントさんは転職を成功させて報酬を得ているので、転職活動を後押しするものだということは常に頭に置いておきたいですね。

今は転職するのにベストな時期ではありませんが、情報収集を怠らずいつでも転職できる準備をしておく必要はあると考えています。

僕が今働いている会社の業績もこれからどんどん下がっていきそうですし。(夏の賞与は下がりました。。。)

無理に転職せずとも、アンテナをはっておこうと思います。

コロナ転職しようと思った理由

なんでわざわざこんな時期に転職しようと思ったかというと、こんな時期だからです。

コロナウィルスが収束して社会がコロナ前の状態まで待っておこうと考えていた時期もありました。

でも、コロナはなかなか収束しそうにありません。完全に収束するのはいつになることやら。

ただ一つ言えるのは、コロナの収束するまでに僕は確実に歳をとっていくということです。

転職しようと決めた時、すでに自分の市場価値が下がってしまっていて選択肢がなくなってしまうことが一番怖いです。

だから今動こうと思いました。

それに動いてみて全然だめそうならそれはそれで出直せばいいと思ってます。

とりあえず、一度は転職活動を経験してみようと思いました。

転職エージェントの選び方

まず大前提として僕は転職エージェントを利用します。

転職のこともいまいちわかっていませんし、仕事も続ける必要があるので一人で転職できる気がしません。

でも転職エージェントっていっぱいありすぎて迷いますね。

普段CMで見ていましたがそれ以上にいっぱいあることを調べていて気づきました。

僕は大手転職エージェントにとりあえずは登録しようと思い、まずマイナビエージェントに登録しました。

マイナビエージェントは20代の転職に強くて初めての転職にはちょうどいいかなと思ったからです。

調べていくと転職者は平均2、3社エージェントに登録するとかいう情報があったんですが、本当ですか?

みんなすごい。僕なんか1社だけですごい精神的疲労を感じます。

メールが来るたびに早い早い!ちょっと待って!ってなります。

それでもと思い「マイナビエージェント」と「リクナビエージェント」「dodaエージェント」の3社に登録しました。

リクルートエージェントさんに登録したのは求人数が多いからです。

転職エージェントもそれぞれ特色がありますが、一番大事なのは担当エージェントとの相性だと思います。

今回は僕の場合、リクナビエージェントの担当者との相性が良さそうです。

後1社ぐらい特化型のエージェントに登録しておこうかなと思ってます。

履歴書の準備

転職エージェントに登録するとまず、履歴書と職務経歴書の提出が求められます。

履歴書は就活の時と書くことはあまり変わっていません。

履歴書自体はマイナビエージェントでダウンロードできるフォーマットのものを使用しました。

ググったらサンプルみたいなのがたくさん出てくるのでひとまず色々見てマネして書きました。

流石に新卒時に比べるといくつか記載できる内容は増えましたが、基本的によくある無難な内容の履歴書になりました。

無個性だなと我ながら思います。

転職エージェントに提出する履歴書と職務経歴書は1つ作れば使いまわせるので先に準備しておきましょう。

僕は面談の直前に焦って書き上げました。

職務経歴書の準備

これがなかなか手こずりました。

自分が会社に入社してから今に至るまで何をやってきたか思い出すのに苦労しました。

漫然と日々を過ごしていたので、、、

あとは自分のやってきたことのアピールポイントは何か、何を魅力的に映し出せるかに苦労しました。

自分のスキルの棚卸し(何ができるか)が重要です。

僕の会社は半期に1回人事考課面談があり評価シートを書かされているので今回職務経歴書を書くために見返しました。

会社での考課の資料が転職活動に生かされるとはなんともまあ。。。

職務経歴はどこまでのことを書けばいいのかも悩みました。

ちょっとかじったぐらいなのに書いて採用されてその仕事に期待されたら会社さんも僕もお互い不幸ですからね。

エージェントさんに聞くと職務経歴書に書く内容はかじったレベルやサポートレベルでも大丈夫だそうです。

転職エージェントも職務経歴書を見ながら面談をするので転職エージェントには自分の全てを伝えるつもりで些細なことでも職務経歴は書いておきましょう。

書類選考の通過率は10〜15%ぐらいでかなり低いみたいなのでエージェントさんにしっかりサポートしてもらいます。

証明写真の準備

地味に証明写真をどうするか迷いました。

無人撮影機で撮るのか、写真館で撮るのか、自分で撮るのか。

僕はスマホアプリの「履歴書カメラ」で撮影しました。

何か言われたりするかと思いましたが、転職エージェントに人に提出しても特に何も言われませんでした。

まとめ

コロナが収束しない今だからこそ情報収集を怠らずいつでも転職できる準備をしておきましょう。

転職エージェントは相性のいい担当者を見つけるために複数登録することを強くおすすめします。

転職エージェントに提出する履歴書や職務経歴書は些細なことでも書いておきましょう。

今後も継続して転職状況を記事にしていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました