未経験から機械設計をするのは難しい!まずはCADから!

画像CADを操作する人設計
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

現役の機械設計エンジニアの僕が未経験から機械設計エンジニアになる方法を真面目に考えてみました。

最初に言いますと未経験から転職で機械設計をするのはかなり難しい印象です。新卒でも機械系の学科を卒業していないとかなり採用されにくいのが現実です。

ただCAD操作から覚えていけば十分通用する世界だと思います。

この記事ではこんな疑問やお悩みにお答えします。

  • 未経験から機械設計の仕事はできませんか?
  • 機械設計をしたいけど何から始めればいいの?

結論から言うと昨今は機械設計エンジニアが不足していてどんな会社でも機械設計ができる人材を求めています。戦略を立ててCAD操作の習得からスキルアップしていけば未経験からでも機械設計の仕事で食べていくことは十分可能です。

では詳しく見ていきましょう

片っ端から応募する

いきなりですが、まずは運頼みの戦略をご紹介します笑

未経験からの機械設計の仕事をするのは難しいですが、不可能ということではありません。

手っ取り早く最短で機械設計の仕事がしたいならまずは片っ端から機械設計の仕事に応募してみてください。人手不足の世の中ですので、未経験でもどこかには引っかかる可能性はあります。

第二新卒だったり、理系方だったりといった強みのある方はそれだけで採用される可能性は高いと思います。

機械設計の中でもメーカーの開発職ではなく、生産技術の設備設計のように少しずれせば採用の可能性は上がるはずです。大手ではなく、さらに機械メーカーでなく、食品や化学メーカーなどの方がハードルは下がるでしょう。やり方次第ですね。

未経験にも関わらず採用されたのであれば、その会社で教えてもらいながら機械設計の仕事ができます。ただし、最初は雑用とか補助とか現場仕事がメインになると思うのでその辺は確認しておきましょう。

おそらくこの方法では待遇の良い会社に採用される可能性は低いと思います。そこは運頼みです。

数年は働けそうな会社に就職してしまえば、そこで設計経験を積んでより条件の良い会社に転職することもできますが、超ブラック企業で体を壊したり精神的に病んでしまう可能性もあるので適当な会社に就職するのはおすすめはしません

CAD操作を覚えてCADオペレーターからスタートする

では本命の戦略を解説していきます。

今では機械設計ではほぼ2DCADか3DCADを使用します。このCADというソフトは機械や建築の設計支援ツールなので設計をしたり学生時代に機械や建築を専攻しない限り日常生活で触れることがあるような物ではありません。(まれに趣味で使っている人はいます)

だからCADが使用できるというだけでCADオペレーターという仕事ができます

設計ができないのにCADを使ってモデリングなんかできるの?と疑問に思った方もいらっしゃるでしょうが、結論から言うとできます。

CADオペレーターとは設計者が設計した物をCADで3次元モデルを描いたり、2次元図面を描いたりする仕事です。CADオペレーターは設計経験がなくともCADの操作さえできれば仕事としてできます。

設計者からこんな図面を書いてほしいとかこんな形のものをモデリングしてほしいとか指示があり、その指示通りになるようにCADを操作すればいいんです。私も会社で設計経験のないパートの女性にモデリングや2DCADでの図面修正をお願いしています。

CADオペレーターをしていると作業の中で図面の読み方を覚えたり、機械加工のことを覚えたりすることができます。中小企業では人手が足りないのでCADオペレーターさんにお願いして少しだけ設計をしてもらうようなこともあります。

意欲的に設計にも関わりたいことをアピールすれば機械設計の仕事にも関わらせてもらえる可能性は高いです。そして機械設計の仕事をしたらもう未経験ではありません。機械設計者を名乗れます!

CADはどうやって覚えるの?

そんなCADをどうやって覚えるのかは気になるところだと思います。CADを覚えるための手段を解説します。

ちなみに覚えなくてもCADぐらいであれば入社してから研修で教えてくれる派遣会社さんなどもあります。

特に3DCADは今後の機械設計にはなくてはならないものになっていきますので機械設計をするなら覚えて損はありません。3DCADについてはこちらの記事を参考にどうぞ!

無料ソフトを使って独学する

興味はあるが自分に合っているかわからないし続けられるか不安という方向けのプランです。

まずはお金をかけずスモールスタートしましょう。

最近では無料のCADソフトがたくさんあります。特にFusion360やFreeCADというソフトはCADとしてのクオリティーが高く、書籍やYouTubeなどで情報も多く出回っているので入門としておすすめです。Fusion360については以下の記事をどうぞ!

ただしCAD操作はCADソフトによって癖がありますのでどれかを覚えれば他のCADソフトも使いこなせるという物ではありません。しかし、基本的な考え方は共通している部分が多々あるのでどれかソフトを一つ使いこなせるようになれば他のCADソフトもすぐに使えるようになります。

職業訓練校に通う

独学は苦手という方は職業訓練校を利用するのも選択肢の1つです。

CADの操作方法を重点的に学ぶこともできますし、機械設計も少しかじることができます。

就職支援もありますので機械設計がしたいと強い思いがある方は検討する価値があります。就職支援の求人は大した待遇の企業はない印象ですが、先ほども述べたように機械設計は人手不足なので、ある程度経験を積めば待遇を上げる転職は十分可能です。

趣味で設計する

仕事として機械設計をするのではなく趣味として機械設計をするプランです。

3DCADがあるので好きに物をモデリングすることができます。モデリングした部品を組み合わせて複雑なものを作ることができます。

最近ではネットで色々なメカ部品が購入できますし、3Dプリンタを活用して自分で作った3Dデータのモデルを作ることもできます。精度を妥協すればギヤなどの機械要素部品も作成することができます。

このへんで満足できるのであれば本業は他の仕事をして副業で3Dモデラーなどをするのもいいと思います。

まとめ

昨今は機械設計エンジニアが不足していてどんな会社でも機械設計ができる人材を求めています。

戦略を立ててCAD操作の習得からスキルアップしていけば未経験からでも機械設計の仕事で食べていくことは十分可能です。

機械設計がしたい方は参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました