ロボットアームの安全特別教育・ティーチング講習を受講した体験談

ロボットアームの画像設計
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!そら豆です!

転職して念願のロボットシステムの設計をすることになったので、先日、ロボットの安全教育として教示講習に行ってきました!

僕は会社で安川電機さんのロボットを使っているので安川さんの講習に行きました。

ロボットを操作するのってたまりませんね!

今回はロボットの教示講習で学んだことや感想をお伝えします。

この記事ではこんな疑問にお答えします!

・教示講習って何?

・合格は難しいの?

・取得すると何ができるようになるの?

結論から言うとこうなります!

  • 教示講習とは安全にロボットを操作するための講習です。
  • 決められた時間の講習を受ければ誰でも修了証がもらえます。
  • 取得することでロボットの操作ができるようになります。

では1つずつ見ていきましょう!

安全教育・教示講習とは

安全教育・教示講習とはロボットを動かすためには受けなければならない講習です。

会社によって呼び方は少し異なるようです。安川電機さんは「教示等特別教育」、ファナックさんは「安全衛生特別教育」となっています。

なぜこの教育が必要かというとロボットは適当に操作すると非常に危険だからです。正しい知識のない人が適当に操作しては大きな事故につながる可能性があります。

だから労働安全衛生法でロボットを操作する人は安全衛生の教育を受けなければならないように決められています。

つまり講習を実施している機関で講習を受講して修了証をもらわないとロボットを動かすことができません。

各メーカーでロボットスクールを実施していたりロボット講習だけしているような機関もあります。

費用は受ける所によります。僕は安川さんが実施しているロボット講習で4万円弱かかりました。メーカーが実施している講習は比較的高いようです。

この講習を受けたからといって実践的なティーチング力がつくわけではありません。メーカーによって操作方法も違います。

あくまで安全に扱うための心構えと操作を覚えると行ったことを目的とした講習です。

講習内容

座学と実技があり座学ではロボットの歴史や種類、事故事例などを学びます。

安全のためにどういう対策が必要なのかといったことも勉強します。ロボットシステムを設計する人は安全柵やパトランプ、ブザーなどの周辺機器にも関わってきますね。

実技では実際にロボットをティーチングして動かします。MOTOMANのGP-8を使いました。

僕は搬送系の講座を受講したので演習は吸着パッドでブロックを移動させるというものでした。先輩は磁石で引っ付けて移動させるロボットハンドでの演習だったみたいです。

if文とかfor文のようなプログラミングで使うような制御構文は講習では使いませんでした。

使ってみたかったのですが、日程も2日間だったのでそんなに難しいことをしている時間もないので仕方ありませんね。

講習の難易度

難易度は高くありません。全然できなくても修了証はもらえます。

操作に慣れていないと置いていかれるような場面は何度かありましたが、僕は少人数(3人)で講習を受けていたのでつまずく度に先生にわからないことを聞けました。

受講料も払っているのでわからなければどんどん講師の先生に聞きましょう!ちなみにわからなくても講義はどんどん進んでいきます。

ロボットの操作が簡単かというとそう言うわけではありません。ロボットの操作方法を全て理解することの難易度はかなり高いです。

この講習で単純な動きをロボットにさせることができるようになります。

でもある程度時間をかけて練習したり、実践で経験を積んだりして慣れればティーチングペンダントの操作はできるようになると思います。

感想

ロボットでできることやロボットの動かし方はメーカーごとに異なりますし、使う機種にもよっても異なります。

正確に扱わないと事故につながる可能性があるので、十分注意する必要があります。自分の設計したロボットシステムで誰か怪我をしたとか想像するだけでも嫌ですよね。

一度専門の方に教えてもらうのが一番効率がいいです。疑問に思ったことでもすぐに答えてもらえます。

僕の場合はコロナ禍で3人で受講しました。ずっとティーチングペンダント抱え込んでいたので講習の中だけでもだいぶ慣れることができました。

安川電機さんのロボットを使っていましたが、思ったより操作性というかユーザーインターフェイスがあまりよくないなーと感じました。

あと、ティーチング内容が単純すぎてやはり実践向けではないですね。

講習で覚えた内容でも使えますが、流石に何百万もするロボットを使うにしては勿体なさすぎです。

各社ロボットはかなり作り込んであるので、でやれることはかなり多そうです!1つ1つ勉強して使いこなせるようになります!

まとめ

ロボットの安全教育・教示講習はこんな講習です!

  • 教示講習とは安全にロボットを操作するための講習です。
  • 決められた時間の講習を受ければ誰でも修了証がもらえます。
  • 取得することでロボットの操作ができるようになります。

これからロボットでしたことなんかも記事にしていこうと思いますので乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました